▼ MENU

小寺商店 美人社長・イケメン店長 紹介

小寺 京子(こでら きょうこ)

Q:小寺商店(まるかん特約店)の仕事をするキッカケは何だったんですか?

A(京子):20年前位夫が、スリムドカンのテレビCMで特約店募集の広告を見て申込みし特約店になりました。


Q:本気で小寺商店(まるかん特約店)の仕事をしようと思ったキッカケは何ですか?

A(京子):ひとりさんを知り、学び、まず自分が幸せになり考え方も変わり、ものすごい教えだと思い、この教えをたくさんの方にお伝えしたいと思ったのがキッカケです。

自分も体が弱かったのが、元気になり、また家族も体調が良くなった事や、ひとりさんがいつも言っている、心と体と考え方、波動が大好きだったことが一番のキッカケでした。


 

Q:今でもこれだけは「守っている」「守り続けている」「大切にしている」一人さんの教えは何ですか?

 

A(京子):「心と体と考え方、波動」について、いつもお客さんにはバランスよくお伝えしています。


 

Q:この商売をしていて、最もうれしい瞬間はどのようなときですか?

A(京子):ひとりさんの教えを伝えて、その人がどんどん笑顔になって変っていく時が一番です。


・今までの自分が変りたい、そして変って輝き、笑顔でキレイになった時
・「幸せだな~」と本人が感じた時です♪

小寺 正人(こでら まさと)

Q:小寺商店(まるかん特約店)の仕事をするキッカケは何だったんですか?

A(正人):「1年間の引きこもり」が、キッカケでした!


私は25歳で、小寺商店の仕事を始めたのですが、

実は最初のころは「斎藤一人さん」のことを全く知りませんでした。


というのも、私は、大学を卒業して、すぐに営業の仕事をしていたのですが、
今思うと・・・「上司のパワハラ」や営業での仕事がうまくいかず、自分に自信がなく、「自分はダメな人間だ」と思っていました・・・・。

そういった経緯で、私はその仕事も1年も経たず辞めてしまい、
「1年間引きこもり生活」を送っておりました。

 

病院にも通っていたのですが、その結果は「問題なし」と言われるも、

症状としては、いつも体調が悪く(めまい・動悸・倦怠感・不眠)のような症状がありました。

 

小寺商店で働き始めた頃は、何もわからず事務をこなしたり、チラシを配ったり

最初の頃は、ただ単に「お金が欲しいから(生活ができないから)」だけでした(笑)


でも、「1年間引きこもり生活」を送っていた自分にとっては、
ちょっとずつお客さんとお話ができるようになってきて、

体調も徐々に良くなり回復していきました。

 

Q:本気で小寺商店(まるかん特約店)の仕事をしようと思ったキッカケは何ですか?


A(正人):小寺商店で仕事を始めて思ったことは・・・・。


「このお店に来るお客さんは、親切な人が多いなぁ~」

「なんでこんなにいいお客さんばかりが、来店してくれるんだろう?」


もしかして「斎藤一人さんってすごい人なんではないか?」


という気持ちが芽生えて、
少しずつ一人さんの教えにふれるようになりました。


一番最初に聴いた一人さんの音声は「つやこ49」です。
(※小寺商店の100回聴きシリーズで聞くことができます♪)

最初は、今の自分ができることから始め、

まずは「天国言葉」を意識して使うようになりました。

(※天国言葉とはを参照)

 


Q:今でもこれだけは「守っている」「守り続けている」「大切にしている」一人さんの教えは何ですか?

A(正人):一人さんの教えの中の「四方良し」です。

(自分にも良くて、相手にも良くて、世間にも良くて、神的にも良い)という、捉え方。

 

Q:この商売をしていて、最もうれしい瞬間はどのようなときですか?

A(正人):たくさんのお客さんがご来店していただいて、ざっくばらんにお話できていること^^

笑いや、喜び、幸福、健康、精神的、にお客さんの運勢が向上しているのが嬉しいです♪


まるかんのお店 小寺商店

営業時間

10:30~19:00(不定休)

所在地

〒060-0062
札幌市中央区南2条西8丁目8
松本ビル 1F

電話番号

札幌地下鉄「大通り駅」から徒歩8分

札幌市電「西8丁目駅」から徒歩3分

小寺商店までの詳しい道のりはこちら 

斎藤一人さん 公式ブログ
斎藤一人さん一番弟子 柴村恵美子 公式ホームページ
柴村恵美子さん 公式ブログ
銀座まるかん斎藤一人公認 49よくなるチャンネル

小寺商店【公式】Facebookページ